レンタル約款(銀行振替)

第1条【総側】

本レンタル約款は、マルチピュアジャパン株式会社(以下「甲」という)とお客様(以下「乙」という)との間の下記商品(以下「商品」という)についてのレンタル契約について、別に契約書類又は取り決め等による特約がない場合に適用される。

商品名:マルチピュア浄水器MP880SC/交換用フィルターCB11AS

第2条【商品の引渡し及び必要書類の受渡し】
  • 【1】甲は商品を乙からの申込により乙の住所地(以下設置場所という)に搬入し、乙は、代金引換にて、初月レンタル料金及び2ヶ月目のレンタル料金、第5条に定める保証金、送料の一部を甲に対して支払うものとする。
  • 【2】乙は、搬入された商品について、直ちに欠陥、瑕疵の無いことを確認のうえ設置し、操作機能を確認する。乙が、商品の品質 (規格、仕様、性能、機能等。以下同じ)その他に関して欠陥、瑕疵を発見したときは、搬入日から1週間以内に、甲に対して連絡をするものとし、期間内に連絡をしなかった場合には、その理由のいかんにかかわらず、商品の欠陥、瑕疵を主張できないものとする。
  • 【3】乙が商品の搬入を受けた時に商品の引渡しが完了したものとするが乙が商品を確認し、欠陥、瑕疵を発見の上本条②に定める期間内に甲に連絡をした場合には、欠陥、瑕疵のない商品を受領したときに、引渡しが完了したものとする。
第3条【レンタル期間】
基本契約期間は1年とする。以降は契約満了1ヶ月前まで解約の申し出がない限り自動更新とする。なお、乙は解約を申し入れる場合、甲に対し契約終了1ヶ月前にその旨を通知しなければならない。
第4条【レンタル料の支払い】
レンタル料は、月額2,880円(税込)とし、初月、2ヶ月目、及び保証金5,000円・送料一部負担分600円(税抜)は商品到着時に代金引換にて支払い、3ヶ月からレンタル料を毎月27日に口座引き落としで支払うものとする。
●追初月のレンタル料金については商品到着日からの日割り分を請求する。
(日割りレンタル料金:2,880円÷30=96円)
第5条【保証金】
  • 【1】乙はレンタル契約に基づく商品借用の担保として保証金5,000円を甲に差し入れる。
  • 【2】甲は当該保証金をレンタル契約に基づく料金、もしくは商品代金の弁済に任意に充当できるものとする。
  • 【3】当該保証金には利息はつけないものとする。
  • 【4】当該保証金は、レンタル契約が終了し、商品の返還が完了した時をもって、直ちに乙に返還するものとするものとする。
  • 【5】基本契約期間1年未満の中途解約の場合、もしくは第12条⑤の場合は返金しない。
第6条【無催告解除】
乙がレンタル料金等、この約款に定める金銭の支払を3ヶ月にわたって怠った場合、又は支払不能など乙の信用に重大な変化が生じた場合、甲は何らの催告を要せずにレンタル契約を解除して、甲の負担において商品を強制的に引き取ることができるものとし、この場合甲は乙に対し保証金の全額を返金しないものとする。
第7条【機器の修理・フィルター交換】
商品の引渡後1年経過する毎に、甲は乙に対してフィルターを無償で送付するものとする。但し、乙がフィルター交換期日前にフィルターの交換を申し出た場合、甲は交換に応じるものとするが、この場合、乙はフィルター代金として金26,000円(税別)を支払うものとする。
第8条【商品の使用】
乙は第2条の引渡し完了から、商品を本来の用法に従い、法令等を順守し、善良な管理者の注意をもって使用する。
乙は、商品が損傷した場合、甲に対して通知を行った上で、その損傷が乙の故意又は過失によるものであるときは乙の負担においてこれを修理するものとし、 その損傷が通常の使用に伴うものであるときは甲の負担においてこれを修理するものとする。
その際の保守、修理による機器の利用停止期間についてもレンタル料は同一とする。
保守サービス以外の事項:火災、地震、水害、落雷、その他天災、地変による故障及び損傷・契約者による改造使用上の誤りによる故障
及び損傷の場合契約者実費負担となる場合がある。乙は、商品が盗難、紛失、滅失等により使用不能となった場合、または、毀損、損傷
して修理不能となった場合、直ちに書面をもって甲に通知するものとし、これらに伴う商品の交換等については、甲乙協議の上定めるものとする。
第9条【使用による健康への影響等】
乙は商品の使用による健康被害等が生じた場合にあっても、甲に対しいかなる損害賠償等の責任をも追及しないものとする。
第10条【情報変更の通知】
乙は氏名、住所、電話番号、メールアドレス、口座を変更した際は直ちに甲へ連絡することとする。
第11条【物件の所有権侵害行為の禁止等】
  • 乙は、甲の書面による承諾を得なければ、次の行為はできないものとする。
    商品を譲渡、質入すること。
    商品を改造、加工、模様替えする等その原状を変更すること。
    商品を第三者に転貸したり、本契約に基づく権利または地位を第三者に譲渡すること。
    商品の占有を移転したり、商品を設置場所から移動すること。
  • 乙は、第三者が商品について権利を主張したり、保全処分や強制執行等により商品の所有権が侵害されるおそれのある場合、その侵害を防止するとともに、直ちに甲に通知するものとする。
第12条【レンタル契約の終了】
  • 【1】乙は書面及び電話連絡にて解約1ヶ月前までに申し出の申請を行うものとする。
  • 【2】解約による既に払い済みの料金の払い戻しは行わないものとする。
  • 【3】レンタル契約が終了した場合は、第6条に定める場合を除き、解約月翌月10日までに乙は商品を甲へ返却するものとする。送料は乙負担。なお、甲が商品を受け取った時点で契約終了とする。
  • 【4】乙により商品が甲へ返却された場合、甲は商品を確認の上、商品到着後、乙の指定する口座へ第5条の規定により受領していた保証金を解約月翌月末に振込みにより返却するものとする。
  • 【5】前項の規定に係わらず、甲が商品を確認したとき破損等を発見した場合には、返却する保証金から破損等による商品の修理費用等を差し引くことができるものとする。
第13条【損害賠償】
乙が、本約款に違反した場合、その他債務の本旨に従った履行をなさなかった場合には、甲はそれによって生じた損害について賠償を請求することができるものとする。

<<前のページに戻る